本日もお越しいただきありがとうございます。

GIMPで画像のサイズはそのままで解像度のみを変更する方法

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

 画像データを扱うとき、ピクセル表示の絶対的な寸法はそのままで、解像度だけを変える必要にせまられる場合もあります。
 解像度だけを変える操作は画像編集ソフトで簡単に行えます。

 ここではGIMPを使って画像の絶対的な寸法を維持して解像度の設定値だけを変更する手順をご紹介します。

印刷時の解像度を上げたい場合は別記事をご参照下さい

 印刷に使う画像データの解像度が低いので、解像度を上げる必要に迫られる場合もあるでしょう。その場合は画像データのサイズを変えずに解像度の設定だけを変更しても意味がなく、画像データのサイズ自体を変える必要があります。
 以下の記事などをご参照下さい。

GIMPで画像データのサイズ・解像度を変更する方法
画像データのサイズはpx、mmなど何種類も表記があり、解像度が変わると寸法の表記が変わったりするので、基本を知らなければ適切なサイズ変更ができません。  ここではGIMPを使って画像データのサイズ変更をする方法をみてみます。 ppiとdpi...
スポンサーリンク

画像データの解像度の設定を変える意味に関する基礎知識

 このページでは具体的なGIMPの操作手順を紹介しています。

 画像データの解像度の設定を変える意味に関する基礎知識は以下のページをご参照ください。

参考記事

画像データのサイズを変えず、解像度の設定のみ変更する方法
画像データをやり取りする場合、サイズは問題なくても解像度の設定だけ指定された値に変更する必要に迫られたりします。  たいていの画像データは解像度の設定だけ変更することができます。  ここでは、画像データの本体は変更せずに解像度の設定値だけを...
スポンサーリンク

GIMPで解像度の設定値のみを変更する手順

 画像データを開きます。

GIMPで開いた画像データの解像度が変わる件について

 私の手元のGIMPでは、例えば300dpiの画像データを開いても、開いた結果解像度が72dpiに変わってしまいます。
 画像データ自体のサイズは変化しません。
 詳しい理由はGIMPを作っている人たちに聞かないと分かりませんが、とりあえずここで説明する操作においては支障はありません。

 [画像>印刷サイズ]と進み、「画像印刷解像度の設定」の画面を表示します。

「画像印刷解像度の設定」の画面

「画像印刷解像度の設定」の画面

 解像度の欄の垂直解像度水平解像度の欄に必要な解像度を入力します。
 今回の例では150ピクセル/inを入力します。
 OKをクリックします。

必要な解像度を入力

必要な解像度を入力

 [画像>画像の情報]で画像の解像度を確認します。
 ピクセル表記の画像サイズは変わらず、解像度のみ150dpiに変更されています。

「画像の情報」で解像度を確認

「画像の情報」で解像度を確認

 以上の操作で、画像のサイズは幅640px高さ426pxを維持したまま、解像度の設定値のみ150dpiに変更できました。
 あとは名前を付けてエクスポート等で保存するなどします。

 以上、GIMPで画像データの本体は変更せずに解像度だけを変更する方法をご紹介しました。

参考記事

GIMPで画像データのサイズ・解像度を変更する方法
画像データのサイズはpx、mmなど何種類も表記があり、解像度が変わると寸法の表記が変わったりするので、基本を知らなければ適切なサイズ変更ができません。  ここではGIMPを使って画像データのサイズ変更をする方法をみてみます。 ppiとdpi...
GIMPで画像データにカラープロファイルを埋め込む方法
写真などのデータにプロファイルが埋め込まれていない場合もよくあります。  写真の色を細かく扱うなら、プロファイルなしの画像では支障がある場合もあります。  ここではGIMPで画像データにカラープロファイルを埋め込む方法の一例をご紹介します。...
GIMPでCMYK画像データを開いて保存すると色はどうなるか
GIMPは少しカラーマネジメントに対応しています。  しかしAdobe® Photoshop®ほど細かくは対応していないようです。  GIMPで画像データを扱うとき、プロファイルはどう扱われるか分かりにくいです。  ここではGIMPでCMY...
GIMPで本来の意味での画像の解像度を調べる方法
デジカメ写真やスキャン画像などの画像データの解像度[ppi]の調べ方を知りたいケースは多いでしょう。  しかし、画像データのプロパティーで解像度を確認できても、どうも自分が今知りたいと思っていることとは何か違うような気がすることが多いのでは...