URLが変わりました。 新URL https://www.blog.photoretouch-office.jp/

商品写真の色の悩み

商品写真の色の悩み

色温度約6500K D65の高演色LED照明 手に入りやすい製品の紹介

写真関連や印刷関連業界では、多くの場合色評価用の照明に5000Kの高演色照明を使用します。  一方、それ以外の業界では6500Kの光で検査などが行われる場合が多いです。  ここでは、D65の光が必要な場合の高演色LED照明をご紹介します。 ...
カラーマネジメントの基本

DP1など、そのままでは色が良くないカメラはカメラプロファイルを使うと楽

SIGMA®のDP1などは、撮影したままだと色があまり良くありません。そのためRAW現像するのも手間がかかります。  そういう場合は、カメラプロファイルを作って適用するととても現像作業が楽になります。 SIGMAのカメラ「DP1」の写真に自...
商品写真の色の悩み

マニュアルでホワイトバランスを設定するためのグレー板

カメラで写真撮影をするとき、オートホワイトバランスで撮影することが多いかもしれません。  完全な無彩色のグレー板を使ってマニュアルでホワイトバランスをとることもできます。  ここではホワイトバランスをとるためのグレー板をご紹介します。 完全...
商品写真の色の悩み

高演色性の撮影用LEDライト 正確な色で商品撮影をするために

撮影所に依頼せず自分で商品撮影をするケースもあるかもしれませんが、色にシビアな商品を扱っていれば、自分で撮影するにしてもできるだけ色を正確に撮りたいでしょう。  商品を撮影をするときに手頃な、高演色性の撮影用ライトを探してみましたが、あまり...
商品写真の色の悩み

D65の光で作業したい 6500Kの色比較・検査用高演色蛍光ランプ

印刷関連業界では、多くの場合色評価用の照明に5000Kの高演色照明を使用します。  一方、それ以外の業界では6500Kの光で検査などが行われる場合が多いです。  ここでは、D65の光が必要な場合の照明などをご紹介します。 業界によって作業や...
商品写真の色の悩み

商品写真を実物と同じ色に撮影し現像する方法

色が重要な商品なら、商品写真と実物の色に大きく差があると支障が出ます。  根拠のあるワークフローで色を管理しながら商品を撮影して現像する手順の一例をあげてみます。 全体のおおまかな流れ  このページでは以下のような流れで作業をしてみます。 ...
カラーマネジメントツールの使い方

PCモニターをスマホの画面表示に合わせて再現する方法(ColorNavigator 7使用)

最近はスマホやタブレットなどのモバイル機器がかなり普及し、ウェブサイトの閲覧もモバイル機器で行う割合がかなり多くなりました。  そのため、画像データなどを扱うときにパソコン画面でモバイル機器の液晶画面表示を再現して作業したいケースは多いでし...
商品写真の色の悩み

製品の色を測定する方法 〜商品の色を数値で管理できると便利〜

仕事などで色にシビアな物を扱っている場合、色を測定したくなることもあるでしょう。  しかし、長さや重さなどと違い色は人の感覚も関係した量であり、色の測定の方法はあまり有名ではありません。  ここでは、物の色の測定の方法をご紹介します。 色を...
ビジネスパーソンの文具雑貨

刺繍のブックカバーの写真の色調補正をしてみる

人物や景色の写真なら、色を大いに演出しても良いでしょう。  一方、商品写真はあまり演出すると写真と実物が違ってしまい支障がでるので、実物と写真ができるだけ同じ色になるよう仕上げたい場合が多いでしょう。  ここではブックカバーの写真の色補正を...
商品写真の色の悩み

通販サイトの商品写真の表示に適したディスプレイの表示モード

ネット通販サイトで扱われる商品にはカラーバリエーションがそろった商品も多いと思いますが、商品によっては色がとても重要な要素となるものもあるのではないでしょうか。  しかし、ウェブサイトは見る人の環境によって色がまちまちになるため、正確な色を...
商品写真の色の悩み

カメラ撮影をカラーマネジメントするために必要なツールのご紹介

別の記事で色々種類のあるカラーマネジメントツールから、どういう目的のときどういう製品を使えばよいのかをご紹介しましたが、ここではそのうちカメラ撮影のカラーマネジメントに関わるものを抜き出してご紹介します。 カメラもある程度カラーマネジメント...
商品写真の色の悩み

商品写真を簡易的に本来の色に近づける方法 カラーターゲットを使って

最近は撮影所に依頼せず、自分で商品撮影をするケースも多いでしょう。  そのような場合、目印なしにカメラ任せで撮影するとカメラが自動で調整や演出をしてくれます。その結果、商品の本来の色では撮影されません。  ここでは、カラーターゲットを使って...
商品写真の色の悩み

商品写真を正しい色で見る簡単な方法 カラーマネジメントモニターを使って

商品写真のデータをチェックするとき、色を正確に表示する必要があります。  キャリブレーションしたモニターを使えば色を正確に表示できます。  しかし、モニターのキャリブレーションは少しややこしいので実行できず困る場合もあるでしょう。  ここで...
商品写真の色の悩み

照明の色 昼光色と昼白色の違い

照明の色の種類の代表的なものに、昼光色と昼白色があります。  この言葉はモニターキャリブレーションやその他のカラーマネジメントに関連する作業でも出てきます。  ここでは昼光色と昼白色の違いについておおまかにご紹介します。 昼光色、昼白色は光...
商品写真の色の悩み

商品の本来の色とは? 照明によって変わる商品の色を人に伝える方法

服や装飾品その他、様々な色のバリエーションがある商品があります。  そういった商品の色がどういう色が人に伝えるためには、「こういう色」と表現できなければなりません。  ところが物の色は事務所、屋外、家の中など、環境次第で違って見えてしまうの...
スポンサーリンク