ようこそお越しくださいました

一般的な写真撮影

一般的な写真撮影

プリントした写真の額装の方法の例

写真を撮影したら、プリントして額に入れるなどして部屋や展示室に飾ることも多いでしょう。  写真を飾る時、色々なスタイルの額や加工の方法があり迷うこともあるでしょう。  ここでは写真の額装の方法の例をみてみます。 基本的な方法 写真をブックマ...
商品写真の色の悩み

マニュアルでホワイトバランスを設定するためのグレー板

カメラで写真撮影をするとき、オートホワイトバランスで撮影することが多いかもしれません。  完全な無彩色のグレー板を使ってマニュアルでホワイトバランスをとることもできます。  ここではホワイトバランスをとるためのグレー板をご紹介します。 完全...
一般的な写真撮影

ネガフィルムに書いてある デーライトタイプ・デーライト用 とはどういう意味か

フィルムカメラで使うネガフィルム等を買うとき、パッケージに「デーライトタイプ」と書いてあります。  デーライトタイプがあるなら別のタイプもあると思われるので、不安になることもあるでしょう。  ここでは、フィルムに書かれたデーライトタイプ、デ...
一般的な写真撮影

デジカメの焦点距離の35mm換算の自動計算

デジタルカメラのレンズの焦点距離を35mm判カメラの焦点距離に換算したり、その逆の換算をするページです。 ※単純な計算をしているだけですので、あくまでおよその数値です。 はじめにデジカメのセンサーの寸法を確認しておく  はじめに、自分のデジ...
一般的な写真撮影

露出測定用のグレー反射板はなぜ18%グレーなのか

露出測定・コントロール用のグレー反射板はたいてい18%グレーです。  なぜ中途半端な18%という反射率なのでしょうか。  ここでは露出測定用の反射板がなぜ18%なのかおおまかにご紹介します。 ※正確で詳しい説明は色彩工学の専門書などにありま...
一般的な写真撮影

カメラのレンズの焦点距離が短いほど広い範囲を撮影できる理由

カメラのセンサーのサイズが同じなら、レンズの焦点距離が短いほど広い範囲を撮影できます。  レンズの焦点距離が短いほど広い範囲を撮影できる理由のおおまかな雰囲気をみてみます。 カメラを横から見てみる  カメラを単純化した図を横から見てみます。...
一般的な写真撮影

カメラのレンズの絞りを絞っても撮影できる範囲は変わらない理由

レンズの絞りを開放で撮影した場合と、絞ってレンズの光の通る部分の直径を小さくした場合を比べると、何となくレンズの直径を小さくして撮影した場合の方が撮影できる範囲が狭くなりそうな感じがしますが、実際は撮影できる範囲に変化はありません。  カメ...
一般的な写真撮影

レンズのF値が2.8、4.0、5.6…のような数字である理由のおおまかな説明

レンズの明るさを示す絞り値、Fナンバーは、2.8、4.0、5.6といった数字になっています。  カメラは人が作った道具なので、レンズのF値の数字も何か理由があってそのような数字にしているものと思われます。  ここではF値がキリが良いように思...
一般的な写真撮影

レンズの絞り値が大きいほど被写界深度が深く、小さいほど浅くなる理由

レンズの絞りを絞るほど被写界深度が深くなり、ピントが合う範囲が広くなります。  レンズの絞り値が大きいほど被写界深度が深く、小さいほど浅くなる理由の雰囲気を図で大まかにみてみます。 どのような場合にピントが合っているように見えるか  大雑把...
一般的な写真撮影

フィルムカメラがおすすめ 誰でも失敗なく写真が撮れる

デジカメの時代になって、失敗写真がとても増えています。  写真にこだわりはなくて単に観光地で記念の写真を撮りたいときもあります。そういうとき、プリントや保管まで考えるとデジカメは逆に面倒な面もあります。  ここでは、簡単に失敗なくきれいに写...
一般的な写真撮影

写真撮影は絞り優先等の自動露出よりマニュアルの方が簡単な面もある

写真撮影の入門書などで、よく絞り優先モードやシャッター速度優先モードをすすめています。  しかし、絞り優先モード等で撮影して、思い通りの露出にならないことも多く、マニュアル露出の方が簡単な面もあります。 絞り優先モード、シャッター速度優先モ...
モニターとプリンターの色の初歩

プリンターで写真をきれいに印刷する 誰でもできる簡単な方法

デジカメの時代になって、プリンターで自分で写真を印刷する機会が増えました。  ところが、自分で印刷する場合、適切な方法で印刷しないと変な色になったりします。  ここでは、誰でもできるだけ簡単に、プリンターで写真を無難なきれいな仕上がりに印刷...
スポンサーリンク