ようこそお越しくださいました

Illustrator

カラーマネジメントの基本

AdobeRGBを扱うため最低限必要なものは、カラーマネジメント対応ソフトだけ

写真やイラストやレイアウトデータを扱うとき、AdobeRGBを使いたい場合もあるでしょう。  ところが、カラーマネジメントモニターなどは高価なので、趣味で使うには機材が高すぎて困るかもしれません。  ここでは、AdobeRGBのデータを扱う...
画像データの知識

解像度ppi(dpi) 出力寸法mm データサイズpx の自動計算

画像データを使う時、最終出力の条件に合わせて解像度を決め、必要な寸法で印刷できるようサイズを変更します。  以下は、「画像の解像度」「画像の出力寸法」「画像データのサイズ」の関係を計算するための計算器です。 ※ちょっとした作業の目安にできま...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

WindowsのIllustratorからカラーマネジメントを利用して印刷する方法

プリンタープロファイルを正しく使用し、カラーマネジメントを利用してプリンター出力するのは意外とややこしいです。  Adobe® Photoshop®よりAdobe® Illustrator®から印刷するのはさらにややこしいです。  ここでは...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

イラレのファイルを開く時の「埋め込まれたプロファイルの不一致」の意味

Adobe® Illustrator®でファイルを開く時、プロファイルの不一致に関する画面が表示されることがあります。  プロファイルの指定はカラー設定、ドキュメント自体のプロファイル、リンク画像など、色々な場所で行われており、ややこしいも...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

IllustratorからPDF/X-4を書き出す方法の一例

最近のRIPなら、PDF/X-1ではなくPDF/X-4を入れても問題ない場合が多いでしょう。  そこで、Adobe® Illustrator®で印刷用のレイアウトデータを作り、PDF/X-4で書き出すケースは多いでしょう。  しかしその場合...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

「ドキュメントには、現在のRGB作業用スペースと異なるカラープロファイルが埋め込まれています。」という警告への対処方法

Adobe® Illustrator®でRGBのドキュメントの作成時、「埋め込まれたプロファイルの不一致」という警告が出て、「ドキュメントには、現在のRGB作業用スペースと異なるカラープロファイルが埋め込まれています。」と表示されることがあ...
ディスプレイの便利な使い方

カラーユニバーサルデザイン向け 各色覚のシミュレーション方法

色は人が見て感じる感覚です。同じものでも見る人によって違う色に見えます。  そこで、誰にでも分かりやすい情報を提供するためカラーユニバーサルデザインの考え方に沿って配色をする必要があります。  ここではカラーユニバーサルデザインの考え方に沿...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

IllustratorからPDF/X-1aを書き出す方法の一例

Adobe® Illustrator®で印刷用のレイアウトデータを作り、PDF/X-1aで書き出すケースは多いでしょう。  その場合、PDF書き出し画面のプリセットを単純に使って良いのか、多少設定を変えた方が良いのか迷うこともあるでしょう。...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

Illustratorで印刷用CMYKデータ作成 印刷結果の色を確認する方法

Adobe® Illustrator®等でオフセット印刷用のデータを作成する機会は多いですが、データ作成段階では印刷結果がどのような色になるか確認できない環境で作業するケースは多いです。  ここでは、Illustratorでレイアウトデータ...
カラーマネジメントツールの使い方

CMYKカラーチャートの選び方と、カラーチャートの例

グラフィックデザインの仕事などで、CMYKカラーチャートをよく使います。  しかし、CMYKの色は決まっているわけではなく、同じCMYK値でも印刷条件次第で色は変わります。  そのため、CMYKカラーチャートを使う場合、自分の用途にあったも...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

AdobeRGBのデータをプリンターで印刷する方法 てきるだけ色を生かして

sRGBの写真のデータをプリンターで印刷するなら、あまり詳しく分からなくても初心者向けのソフトやプリンターの色管理に任せて印刷すればある程度まともに印刷されることが多いです。  一方、AdobeRGBで撮影したり、現像ソフトからAdobeR...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

「ドキュメントに埋め込まれているカラープロファイルは、現在のCMYK作業用スペースと異なります。現在のCMYKカラーマネジメントポリシーでは、作業用スペースと異なるプロファイルは破棄されます。」の表示への対応方法(Illustrator)

Adobe® Illustrator®でドキュメントを開いた時、「ドキュメントに埋め込まれているカラープロファイルは、現在のCMYK作業用スペースと異なります。現在のCMYKカラーマネジメントポリシーでは、作業用スペースと異なるプロファイル...
PDFに関する記事

PDFに押せるハンコを作る方法、手順

Adobe® Acrobat®ではPDFの書類にハンコのようなものを押せます。  初めから何種類かのスタンプのようなものが用意されています。  既存のスタンプ以外に、自作のハンコを押したい場合も多いでしょう。  ここではPDFで使えるハンコ...
Photoshopの使い方

Photoshop上でトンボを追加する方法の一例

Adobe® Photoshop®で作った画像にトンボを付けたいときは、Illustratorのドキュメントに画像を配置してIllustratorでトンボを追加すると簡単です。  しかし、色やシャープネスの加減などにシビアなデータを扱う場合...
カラーマネジメント対応ソフトの操作

Illustratorから正しい色で印刷 「プリント」設定の方法

Adobe® Illustrator®からプリンターで印刷すると、おかしな色になることがよくあります。  「プリント」の設定画面の設定やプリンタードライバーの設定が間違っているケースが多いです。  印刷時の設定が間違っていると、ディスプレイ...
スポンサーリンク