URLが変わりました。 新URL https://www.blog.photoretouch-office.jp/

【旧情報】PCモニターでスマホ等モバイル機器の表示を確認する時 必要な機材

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

 スマホなどのモバイル機器で表示させる写真などを扱うとき、パソコンの画面でスマホの表示を確認したいことがあります。
 そのような場合、必要な機材などでできるだけ安く揃えられるものをご紹介します。

スポンサーリンク

機器などを買うときの参考情報

 電子機器の製造には深刻な国際問題も関係しています。
 当然ながら、機器を使用する私たちユーザーもそれら国際問題の当事者の一人です。
 仕事や創作活動などを意義あるものにするため、物を買う場合は社会的責任を果たしているメーカーや店の製品を選びましょう。

武装勢力や児童労働と関わりのある原料を使っていないかどうか

 報道によれば、電子機器などの製造に必要な鉱物は武装勢力の資金源になっている鉱山で生産されたり、児童労働につながっているものもあるということです。

参考

華井和代「紛争下の性暴力の構造と日本の取り組み」ーデニ・ムクウェゲ医師来日講演会:平和・正義の実現と女性の人権

デニ・ムクウェゲ「コンゴ東部における性暴力と紛争鉱物(日本語字幕)」ーデニ・ムクウェゲ医師講演会2016

【アムネスティ】スマートフォンに隠された真実:あなたのケータイ、「児童労働」につながっていませんか?(日本語字幕付※設定をONにしてください)|アムネスティ日本

参考リンク

コンゴ民主共和国:スマートフォンの裏に児童労働 : アムネスティ日本 AMNESTY
アップル、サムソン、ソニーなど著名なエレクトロニクス企業は、児童労働など不当に採掘されたコバルトが自社の製品に使われていないかどうかを認識していない。アムネスティ・インターナショナルとアフリウォッチは1月19日、調査報告書の中で明らかにした...

参考書籍

 「人新生の「資本論」」で先進国から他の貧困国へ環境汚染その他の被害が押し付けられ外部化されていることが説明されていました。

楽天ブックス Amazon

楽天ブックス Amazon

 電子機器などを購入する場合、紛争や児童労働などに関わりのない鉱物を使用しているかどうかなど、製造メーカーがきちんと管理された道筋で原料を調達しているかどうかを確認すると良いでしょう。

 ウェブサイト等で原料調達に関する取り組みについて記載し、調査結果などを公開しているメーカーもあります。

使用後の製品の回収について説明されているかどうか

 物が壊れたら、パソコンやPCモニター等ならPCリサイクルなどに出す、その他の電子機器なら小型家電リサイクルなどに出す、というように法律に従って回収に出す必要があります。

 メーカーによっては使用後の機器の回収方法を分かりやすく説明したり、分かりやすい回収申し込みフォームを用意したりしています。
 一方、使用後の機器の回収について丁寧とは言えない説明しか載せていないメーカーもあります。

 きちんと回収して持続可能な事業活動をしようとしているまじめなメーカーを選びましょう。

製品の廃棄まで丁寧に説明しているかどうか

 電子製品はいずれ壊れます。

 良心的な製造メーカーの場合、ウェブサイトで製品の回収などについて分かりやすく丁寧に説明しています。
 例えばPCリサイクルの仕組みで回収される対象の製品であれば、回収申し込みもウェブサイトから行えるようになっていたりします。

 そのように、機器類の廃棄に至るまで自社製品に責任を持とうとしている良心的なメーカーの製品を選びましょう。

その他 メーカー企業のCSRに関するウェブページを確認する

 環境、人権、その他色々な分野において、メーカー企業が社会的責任を果たしながら生産活動をしているかどうか、ウェブサイトのCSRに関するページを確認しましょう。

 社会的責任を真面目に果たそうとしている企業の製品を選んで、応援しましょう。

スポンサーリンク

モバイル機器の表示をパソコン画面で確認するための、おおまかな流れ

 他のデバイスのモニターのエミュレーション機能を備えたカラーマネジメントモニターを使うと、PCモニターでスマホなどのモバイル機器のモニター表示を再現できます。

 一方、エミュレーション機能がないカラーマネジメントモニターでも、他のデバイスのモニターのICCプロファイルを作成する機能があれば、以下のような手順でモバイル機器のモニター表示をパソコン画面で再現できます。

  1. モバイル機器のICCプロファイル作成可能なカラーマネジメントモニターを用意。
  2. モバイル機器のICCプロファイル作成機能に対応した測色器を用意。
  3. モニターキャリブレーションソフトの機能を利用して、モバイル機器の表示を測色。
  4. 測色結果からモバイル機器のICCプロファイルを作成。
  5. 作成したICCプロファイルを目標にしてモニターキャリブレーションを行う

無線LANを使う場合は子どもや若者のいない場所で作業しましょう

 携帯電話とマイクロ波を照射する機器の使用は、人体への危険性が指摘されています。
 特に子どもや若者は受ける影響がより大きいことが指摘されています。

 欧州評議会議員会議では2011年に、学校の敷地内での携帯電話の使用の規制や有線インターネット接続を優先することなどを含む決議が採択されています。

 フランスでは、保育園などにおける無線機器の使用禁止、小学校においてデジタル教育以外では無線LANの使用不可などを定める法律が制定されているとのことです。

 そういった諸外国の動きから考えても、無線LANを使用せざるをえない作業は念のため子どもの生活エリア以外で行った方が良いでしょう。

参考書籍

楽天ブックス Amazon

楽天市場 Amazon

参考記事

iPhoneを有線LANでインターネット接続する方法 Wi-Fiが使えない場所で
写真・グラフィック関連の作業ではスマホを使用することもよくあります。  ところが、子どもへの人体影響を考えるとWi-Fiの無線通信が使えない状況も多いです。  国によっては子どもがいる場所での無線LAN使用を制限する法律もできています。  ...
スポンサーリンク

必要な機材、ソフト

 以下では、EIZO®のカラーマネジメントモニターと付属キャリブレーションソフトColorNavigator6を使用する場合の機器類を紹介しています。
 ところが、現在はColorNavigatorがバージョンアップしてColorNavigator7になり、モバイル機器のICCプロファイル作成機能についての仕様も変わっています。
 同じカラーマネジメントモニターでも、ColorNavigator6ではモバイル機器用のICCプロファイルが作成できる一方、ColorNavigator7では作成できない場合もあると思われます。

 そのため、自分が使用中、または購入予定の機器でモバイル機器用のICCプロファイルが作成できるのかどうかについては、店の人かメーカーの人に確認した方が良いでしょう。

必要なもの1 モバイル機器のICCプロファイル作成可能なカラーマネジメントディスプレイ

 モバイル機器のICCプロファイル作成機能が使えるカラーマネメントディスプレイを用意します。
 その機能がある製品の中では以下の製品が安いです。

参考記事

【旧製品】CS230とは 信頼性は高く手頃なカラーマネジメント対応ディスプレイ
「CS230」はEIZO®のカラーマネジメント対応ディスプレイです。現在販売されているカラーマネジメント対応ディスプレイの中では、価格の面で比較的手が届きやすい製品です。  ここでは、EIZO® CS230はどういうディスプレイかおおまかに...

必要なもの2 キャリブレーションソフトのモバイル機器のICCプロファイル作成機能に対応した測色器

 上記のカラーマネジメントモニター付属の専用キャリブレーションソフトに、モバイル機器のICCプロファイル作成機能があります。
 この機能を使うために、モバイル機器の測色作業に対応した分光タイプの測色器を用意します。
 対応する測色器の中では以下の測色器が安いです。

参考記事

【旧製品】ColorMunki Photoとはプリンター・モニター等のカラーマネジメントツール 初級者向き
プリンターメーカー純正紙以外の用紙を使ってパソコン画面とプリンター出力のカラーマッチングをするような場合、ディスプレイやプリンターのカラーマネジメントを自分でする必要が出てきます。  モニターのカラーマネジメントは、カラーマネジメントモニタ...

 高いですが、測色器i1Pro2も対応しています。
 i1Pro2はi1Photo Pro2などのセットに含まれています。

モニターキャリブレーションを行う

 完成したモバイル機器の表示特性を示すICCプロファイルをキャリブレーション目標に設定して、モニターキャリブレーションを行います。
 これでPCモニター上でモバイル機器の表示を再現できました。

 以上、パソコンの画面でスマホの表示を確認するために必要な機材などでできるだけ安く揃えられるものをご紹介しました。

参考記事

パソコン画面でスマホの表示を再現する方法(ColorNavigator6使用)
最近はスマホやタブレットなどのモバイル機器がかなり普及し、ウェブサイトの閲覧もモバイル機器で行う割合がかなり多くなりました。  そのため、画像データなどを扱うときにパソコン画面でモバイル機器の液晶画面の表示を再現して作業したい場合も多くなっ...
スマホで写真表示 モバイルのキャリブレーションとPCでのエミュレートの違い
X-Rite®のColorTRUEはスマホ・タブレットなどのモバイル機器のキャリブレーションを行うソフトです。  一方、EIZO®のColorNavigator6にはタブレット/表示装置のICCプロファイル作成とエミュレーションという機能が...
スマホの表示を正確に ColorTRUEによるスマホのキャリブレーション
※当方が探した限りでは現在ColorTRUEは見つからなくなり、すでに提供を終了したのか、いずれまた提供されるのか、不明です。このページの情報はApp StoreなどでColorTRUEがダウンロードできた時代の情報です。  スマホやタブレ...