本日もお越しいただきありがとうございます。

EPSON Ultra Smooth Fine Art Paperの表裏の見分け方の例

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

 EPSON®のインクジェットプリンター用紙「Ultra Smooth Fine Art Paper」は表と裏の見た目がとても似ており、表裏の区別がつきにくいです。
「Ultra Smooth Fine Art Paper」の表裏を判断する方法の一例をみてみます。

スポンサーリンク

説明の紙で表面が示してある

 「Ultra Smooth Fine Art Paper」の箱の中に説明書や小さな説明書きが入っており、どちらが印刷面か説明されています。

 印刷面を確認し、箱から用紙を取り出して、印刷面を上にした状態でプリンターまで持っていって給紙をします。

スポンサーリンク

表裏が分からなくなったら見た目で判断

 箱の中の説明書きでどちらが印刷面かが分かりますが、当然ながら用紙自体には何も書かれていません。
 そのため、どちらが印刷面か確認して箱から出しても、準備のために一旦作業台の上に置いたりしているうちにどちらが印刷面か分からなくなることもあるでしょう。

 その場合は見た目で判断できます。

 用紙を窓の方なり照明の方なりに向けて、用紙の表面に光を反射させて表面の凹凸の状態を見ます。
 印刷面は非常に滑らかで凹凸はほとんどありませんが、裏面はわずかに凹凸が見えます。

 以上、「Ultra Smooth Fine Art Paper」の表裏を判断する方法の一例でした。