URLが変わりました。 新URL https://www.blog.photoretouch-office.jp/

札幌、小樽、新千歳空港などから積丹半島の神威岬への行き方

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

神威岬

 札幌、小樽、新千歳空港などから積丹半島の神威岬へ行く方法の例です。

スポンサーリンク

北海道中央バス「高速しゃこたん号」で神威岬まで行ける

 北海道中央バスの「高速しゃこたん号」で札幌から神威岬まで行けます。

 美国~神威岬の区間は運行期間が限られているようなので、自分が行く季節に運行しているかどうか中央バスの公式サイトで確認が必要です。

※以下の路線図は私が自分用に大雑把に作ったものです。正確な情報は交通機関の公式情報をご覧ください。

参考リンク

スポンサーリンク

小樽までJRで、小樽からは中央バスの路線バスで神威岬へ行ける

 小樽駅前から北海道中央バス「積丹線<余市駅前・美国経由> 神威岬行き」という路線バスが出ています。
 そこで、JRで小樽駅まで行って、小樽から北海道中央バス「積丹線<余市駅前・美国経由> 神威岬行き」に乗って神威岬へ行けます。

 ただし秋から春まで神威岬までの区間は運休になるようなので、運行期間の確認が必要です。

スポンサーリンク

新千歳空港から、JRとバスで神威岬へ行ける

 新千歳空港から神威岬へ行くとしたら、JR新千歳空港駅から快速や普通列車で小樽駅まで行って、あとは上記の経路で小樽駅前からバスで神威岬へ行けます。

スポンサーリンク

小樽フェリーターミナルから、バスで神威岬へ行ける

 小樽フェリーターミナルから神威岬へ行くとしたら、フェリーターミナルから連絡バスで小樽駅へ行き、小樽駅前から上記の経路でバスで神威岬へ行けます。

 フェリーターミナルから小樽駅までの連絡バスについては事前に新日本海フェリーに問い合わせておいた方が良いでしょう。

参考リンク

小樽フェリーターミナル - 新日本海フェリー|舞鶴・敦賀・新潟・秋田と北海道を結ぶフェリー航路。
小樽フェリーターミナル - 新日本海フェリー|舞鶴・敦賀・新潟・秋田と北海道を結ぶフェリー航路。

参考

「アイヌからみた北海道150年と新法」 石原真衣・北海道大学大学院専門研究員 | 日本記者クラブ JapanNationalPressClub (JNPC)
5月24日に新法「アイヌ施策推進法」が施行されたことを受け、アイヌ民族について研究している石原氏が会見した。日本では外国人の増加で「多文化共生」が掲げられているが、国内にも様々なルーツを持つ人...
【論文】JR北海道の路線廃止と地域対応 ―鉄路は地域発展に不可欠―(小田 清)
国鉄の分割・民営化から31年。見通しの誤りからJR北海道は経営危機に陥りました。その結果、鉄路の半分を経営分離しようとしています。JR北海道や道庁、国、地域住民の取り組みを紹介します。

「北海道の鉄路は全路線の半分に当たる10路線が維持困難として廃線の危機に直面している。国鉄の「分割・民営化」から30年、JR各社では不採算路線の廃止などで、全国的な鉄道網の分断が進行している。鉄道は安全性、定時性、高速性で高く評価され、地域社会の発展に不可欠であるのに、政府の自動車・航空偏重政策の前に危機を迎えている。  本書は、JR北海道の危機的状況にたいして、新自由主義による従来の「分割・民営化」路線の破綻を総括し、「持続可能な社会」の考え方を基本に、鉄道路線の存続・再生、地域経済・社会の再生の道を提起する。」

北の地から日本の歴史を見つめ直す視点で、専門家6人がまとめた北海道史の概説書。高校生以上の読者が理解できるように内容を精選した。2006年刊行の下巻に次ぐ労作。上巻ではアイヌ民族に関する詳述を含め、旧石器時代から箱館開港までを解説した。(出版社による紹介文)

ヒグマの生態の解説の他に、ヒグマと人間社会の関わりについての内容が豊富で、ヒグマと人間の共存のための具体的な方法や北海道における過去の人身事故の事例、猟師や行政機関の職員と事故現場を視察したりヒグマの棲息地を調査したりした様子等々が詳しく多数書かれています。後半ではアイヌ民族とヒグマの関わり方などについても詳しく書かれています。
「行動から人身事故事例まで半世紀の研究成果を集大成 あらゆる動物の行動には必ず目的と理由がある。ヒグマ の生態を正しく知るには、ヒグマ に関するあらゆる事象、生活状態を繰り返し検証することである。ヒグマの実像を知ることができれば、人間とヒグマのトラブルを避ける方策も見出せるし、ヒグマを極力殺さず共存していけると考えられる--」