URLが変わりました。 新URL https://www.blog.photoretouch-office.jp/

オフセット印刷

Photoshopの使い方

ダブルトーンの画像をCMYKに変換する方法 Photoshopを使用して

ダブルトーンの画像を扱いやすいようにCMYKに変換する場合がよくあります。  しかし、単純にPhotoshopの「モード」などでCMYKに変換すると4色が混ざった状態になってしまいます。  ここでは、ダブルトーンの画像を各チャンネルの%を変...
Photoshop Elementsの使い方

印刷時の画像解像度を上げる方法 Photoshop Elementsを使って拡大する

印刷に使う写真のデータなどで、印刷時の画像解像度が足りないことがよくあります。  代わりのデータがなく、解像度が足りなくても無理やり使わざるを得ないこともあるでしょう。  ここでは、解像度が足りない写真などの画像データを、Adobe® Ph...
Photoshopの使い方

CMYK画像の黒い部分をK版だけにする方法 Photoshopを使用して

CMYKのイラストなどで、本来はK版だけにしたかった黒い部分が諸事情でCMYKの混ざった状態になることはよくあります。  そのような時、黒い部分だけなぞってK版に分離するのは大変です。  ここでは、イラストの画像データでCMYKが混ざった状...
Photoshopの使い方

Photoshopの[モード>モノクロ2階調]の使い方

Adobe® Photoshop®で線画などを扱う時、モノクロ2階調のデータとして扱う場合が多いです。  ここではPhotoshopで「モノクロ2階調」のモードを利用する方法をご紹介します。 モノクロ2階調のモードの利用例 モノクロ2階調の...
グレースケール・モノクロ画像の知識

モノクロ写真を、CMYK画像のK版C版M版Y版のいずれか1版で作る方法

モノクロ写真を普通に作ると、グレースケールの画像データになります。  ところが、印刷用のデータを作るとき、色々な理由でモノクロ写真を普通のグレースケール画像ではなくCMYKカラーの画像データの1版分として作りたいことがあるのではないでしょう...
グレースケール・モノクロ画像の知識

モノクロ写真の作り方 カラー写真からPhotoshopを利用して

作品としてモノクロ写真を作成したい場合や、チラシなどの作成で経費節減のため1色印刷をするときなど、モノクロ写真が必要になることがたまにあります。  現在はデジカメが主流になったので、最終的にモノクロ写真を作るとしても、写真を撮影するときはカ...
Photoshopの使い方

RGB画像からダブルトーン用に2色分解し CMYK画像にする方法

写真などの画像の2色分解には、通常の2色分解の他にタブルトーン用の2色分解もあります。  ダブルトーンはグレースケール画像より豊かな階調表現をしたいときなどに使います。  ここでは、RGB画像からダブルトーン用に2色分解し、CMYK画像とし...
Photoshopの使い方

CMYKが混ざった線などをK版だけにする方法 Photoshop®を使って

印刷用のデータを作っている時、見た目は黒いものの、データではCMYKが混ざっている部分をK版だけにしたい場合がよくあります。  ここでは、CMYKが混ざった黒い部分をK版だけにする方法をご紹介します。 CMYKのうちのK版だけにしたい事例 ...
Photoshopの使い方

2色分解の方法 RGBのカラー写真からMK版で 特色二色印刷用に

Adobe® Photoshop®でRGBからCMYKへの4色分解は、単純にプロファイル変換の操作だけで可能です。  ところが特色(スポットカラー)2色で印刷するための2色分解は難易度が高い作業です。  ここでは、何かの参考に、RGB画像を...
Photoshopの使い方

2色分解の方法 RGBのカラー写真からCM版で 特色二色印刷用に

Adobe® Photoshop®でRGBからCMYKに4色分解する場合は、単純にプロファイル変換の操作だけで済みます。  ところが特色(スポットカラー)2色で印刷するための2色分解は難易度が高い作業です。  ここでは、RGB画像を特色2色...
PDFに関する記事

コート紙の印刷用のPDFを上質紙用に変換する方法

Illustratorでレイアウトデータを作り、細かいことは考慮せずに単純に印刷用のPDFを書き出すと、コート紙の印刷に適したPDFになる場合が多いです。  このPDFをそのまま上質紙に印刷すると、コート紙に印刷したときより暗くなり色も変わ...
スポンサーリンク