本日もお越しいただきありがとうございます。

Photoshop Elementsで画像データにプロファイルを埋め込む方法

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

 写真などのデータにプロファイルが埋め込まれていない場合もよくあります。
 写真の色を細かく扱うなら、プロファイルなしの画像では支障がある場合もあります。

 ここではAdobe® Photoshop® Elementsで画像データにカラープロファイルを埋め込む方法の一例をご紹介します。

スポンサーリンク

プロファイルが埋め込まれていない画像データの例

 自分でデジカメで撮影した写真のデータなどの場合、たいていは何も意識しなくても適切にカラープロファイルが埋め込まれています。

 一方、例えば無料であれ有料であれ、写真素材サイトでダウンロードした写真は埋め込みプロファイルなしの画像データの場合も多いです。

スポンサーリンク

Photoshop Elementsでプロファイルを埋め込む手順の一例

 Photoshop Elements14で画像データにプロファイルを埋め込む手順の一例です。

埋め込むカラープロファイルが決まっている場合

 [編集>カラー設定]と進み、カラー設定の画面を表示します。
 「プロファイル選択画面を表示」を選択してOKをクリックします。

Photoshop Elementsのカラー設定の画面

 プロファイルが埋め込まれていない画像データをPhotoshop Elementsで開きます。

 「プロファイルなし」のダイアログが表示されます。
 以下のように選択肢から処理方法を選び、OKをクリックします。

  • sRGBを埋め込む場合は「コンピューター画面の表示用にカラーを最適化(sRGB IEC61922-2.1を使用)
  • AdobeRGBを埋め込む場合は「プリント出力用にカラーを最適化(AdobeRGBを使用)

「プロファイルなし」のダイアログ

 メニューから[ファイル>別名で保存]と進み、画像データを保存します。
 「カラープロファイルの埋め込み」にチェックを入れます。
 形式は用途に合わせて選びます。一切画質を下げたくない場合はJPGではなく「PSD」や「TIF」などを選びます。

 以上でプロファイルの埋め込みは完了です。

埋め込むべきカラープロファイルが不明な時の手順

 [編集>カラー設定]と進み、カラー設定の画面を表示します。
 「プロファイル選択画面を表示」を選択してOKをクリックします。

Photoshop Elementsのカラー設定の画面

 プロファイルが埋め込まれていない画像データをPhotoshop Elementsで開きます。

 「プロファイルなし」のダイアログが表示されます。
 以下の二つの選択肢のうちのいづれかを選んでOKをクリックします。

  • コンピューター画面の表示用にカラーを最適化(sRGB IEC61922-2.1を使用)
  • プリント出力用にカラーを最適化(AdobeRGBを使用)

「プロファイルなし」のダイアログ

 表示された画像データを見てみて、自然な色をしているかどうか確認します。
 もし自然な色合いなら、選んだプロファイルは正しい可能性が高いため、データの保存へ進みます。

 もし不自然な色をしていたら、選んだプロファイルは正しくない可能性が高いです。
 そこで、一度画像データを閉じてから再度開き、「プロファイルなし」のダイアログで先ほどとは別の選択肢を選びます。
 その上で色が自然かどうか確認し、データの保存へ進みます。

 Photoshp Elements14ではsRGBかAdobeRGBしか選べません。
 sRGB、AdobeRGBのどちらで開いても色が不自然な場合はそれ以外のRGB色空間で作成されたデータである可能性がありますが、Photoshop Elements14では扱えません。

 メニューから[ファイル>別名で保存]と進み、画像データを保存します。
 「カラープロファイルの埋め込み」にチェックを入れます。
 形式は用途に合わせて選びます。一切画質を下げたくない場合はJPGではなく「PSD」や「TIF」などを選びます。

 以上でプロファイルの埋め込みは完了です。

 以上、Photoshop Elements14で画像データにカラープロファイルを埋め込む方法の一例をご紹介しました。

参考記事

Photoshop Elementsでデジカメ写真の色調補正・明るさ調整をする方法 詳しい使い方
ここでは、Adobe® Photoshop® elementsを使用し、デジカメで撮影した写真を調整する手順の一例をご紹介します。  この記事では、元々コントラストがちょうどよく撮影されている写真をレタッチする場合を取り上げます。 より簡単...
404 NOT FOUND | カラーマネジメント実践ブログ
カラーマネジメント、フォトレタッチ、画像や印刷関連の知識、Photoshopやカラーマネジメントツールの具体的な操作やテクニックなどを紹介するブログです。
PhotoshopとPhotoshop Elementsの違いを比較。フォトレタッチ用途で。
デジカメで撮った写真を自分で現像、レタッチなどをするために写真編集ソフトが欲しい場合も多いでしょう。  Adobe® Photoshop®は高いので、Photoshop® Elementsにしようかと迷う場合も多いでしょう。  ここでは、フ...

Photoshop Elements

楽天市場 Amazon