URLが変わりました。 新URL https://www.blog.photoretouch-office.jp/

プリントした紙焼き写真を正確な色でスキャンする方法(Epson Scan、スキャナー付属プロファイル使用)

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

 プリントした紙焼き写真をスキャンするとき、スキャナードライバーの自動色補正を使うと原稿の色とスキャン結果の画像データの色は同じにはなりませんが、スキャナー付属のカラープロファイルを使ってスキャニングをすると原稿とある程度同じ色の画像データになります。

 スキャナー付属のカラープロファイルを使用して原稿の色をある程度正確にスキャンする方法をご紹介します。

※このページではEPSONのスキャナーに付属しているスキャナーソフト「Epson Scan」を使用します。

参考記事

 「Epson Scan 2」でスキャナー付属プロファイルを使ってスキャンする方法は以下の記事などをご覧ください。

写真や絵を正確な色でスキャンする方法(EpsonScan2、スキャナー付属プロファイル使用)
写真や絵をスキャナーで画像データ化する場合、色はスキャナードライバーに任せるのが最も簡単ですが、原稿と画像データの色に違いが出ます。  元の写真や絵とできるだけ同じ色で正確にスキャンするためにはカラープロファイルを扱う設定が必要です。  こ...
スポンサーリンク

スキャナードライバーの自動色補正を使うと、原稿とスキャン結果の色は変わる

 写真をスキャンするとき、明るさ・コントラスト・色などの調整を全てスキャナードライバーお任せにするのが一番簡単です。
 ある程度きれいな仕上がりになります。

 しかし、写真がきれいに見えるようスキャナードライバーが調整を加えた画像データに仕上がるので、原稿本来の色とは違う色のデータになります。

参考記事

プリントされた紙焼き写真をスキャンしてデータ化する方法(Epson Scan使用)
店で同時プリントした紙焼き写真などをスキャンしてデータ化するとき、自分でスキャンしてきれいにデータ化するのは結構難しいものです。  ここでは簡単にきれいにスキャンできる方法であるスキャナードライバーの自動色補正を使用する方法でスキャニングを...
スポンサーリンク

原稿とある程度同じ色のデータに仕上げるにはスキャナー付属のプロファイルを利用すると良い

スキャナープロファイルの自作は難しい

 スキャナープロファイルを自作できれば、原稿と同じ色でスキャニングすることができます。

プリンターに例えると

 プリンタープロファイルをColorMunki Photoなどのキャリブレーションツールを使って作成すれば、データの色のままプリンター出力できる、ということと同じです。

 ところが、スキャナープロファイルを作成できるツールは高価だったり、スキャナープロファイル作成用のターゲットがもうあまり売られていないなど、スキャナープロファイルの自作は簡単にはできません。

参考記事

原稿の色を正確にデータ化したい スキャナーのプロファイル作成方法
ディスプレイプロファイルは、カラーマネジメントモニターやモニターキャリブレーションツールを使うことで、ほぼ自動的に作成されます。  しかし、スキャナーのプロファイル作成は少しハードルが高いです。  ここでは、スキャナー用のカラープロファイル...

たいてい、スキャナープロファイルはスキャナーに付属している

 しかし、スキャナーにはたいていスキャナープロファイルが付属していて、スキャナードライバーのインストール時にパソコンにインストールされています。

 これを使ってスキャニングすればある程度原稿と近い色にスキャンできます。

プリンターに例えると

 プリンターに例えるなら、プリンタードライバーのインストール時に一緒にインストールされたプリンタープロファイルを使用してプリンターメーカー純正紙に印刷すれば、ある程度データの色を正確に印刷できる、ということと同じです。

スポンサーリンク

スキャナー付属のカラープロファイルを使用して正確な色でスキャンする手順の例

 「Epson Scan」を使って、プリントした紙焼き写真をそのままの色でスキャニングする具体的な手順の例です。

全体の作業の流れは自動色補正を利用する場合と基本的に同じ

 「EpsonScan」を使用したスキャニング作業全体の基本的な手順は、自動色補正を利用してスキャンする場合と同じです。
 以下の記事でスキャナードライバーの自動色補正の機能を使ってスキャニングする手順を紹介しています。

参考記事

プリントされた紙焼き写真をスキャンしてデータ化する方法(Epson Scan使用)
店で同時プリントした紙焼き写真などをスキャンしてデータ化するとき、自分でスキャンしてきれいにデータ化するのは結構難しいものです。  ここでは簡単にきれいにスキャンできる方法であるスキャナードライバーの自動色補正を使用する方法でスキャニングを...

「環境設定」で色補正に関する設定

 スキャナー付属のカラープロファイルを利用したスキャニングを行うため、「環境設定」で色補正に関する設定を変更します。

 「Epson Scan」の画面の「環境設定」をクリックします。

環境設定をクリック

環境設定をクリック

 環境設定の画面で、Macの場合はColorSyncを、Windowsの場合はICMを選び、各項目を設定します。
 

環境設定(Macの場合)

環境設定(Macの場合)

環境設定(Windowsの場合)

環境設定(Windowsの場合)

ソース(スキャナー):
EPSON標準を選びます。
「EPSON標準」を選んでスキャニングすると、スキャナー付属のスキャナープロファイルを使用してスキャニングが行われます。
ターゲット:
スキャン結果の画像データをどのようなカラープロファイルの画像にしたいかを選びます。詳しく分からなければsRGBを選びます。
 AdobeRGBの画像データにしたい場合はAdobeRGBを選びます。

 OKを押して閉じます。

 あとは自動色補正を利用したスキャンと同じようにスキャニング作業を進めます。

スポンサーリンク

完成したスキャニング画像のデータについて

画像データが完成するまでのおおまかな流れ

 完成した画像データは、おおまかには以下のような流れでスキャンされた画像です。

  1. スキャナードライバーが原稿の色通りにスキャン
  2. できた画像データを、sRGBやAdobeRGBなど一般的なカラープロファイルに変換
  3. JPGやTIFなど一般的な画像形式で保存

sRGB、AdobeRGBのどちらで完成させても基本的には色は変わらない

 最終的にsRGBのデータで完成させても、AdobeRGBのデータで完成させても、色は同じです。

 一度スキャナーが原稿の色の通りにスキャンして、その結果を色を変えないようにsRGBやAdobeRGBにプロファイル変換しただけだからです。

画像データに少し詳しい場合はAdobeRGBで保存するのも良い

 結果の色は基本的に同じですが、細かく言うと少し違う場合もあります。

 スキャナーがスキャンした結果をsRGBに変換するときに、sRGBの色域に収まりきらない色があれば色域圧縮されている可能性はあります。

 AdobeRGBの方が少し色域が広いため、より色域圧縮されずに変換できる可能性があるので、AdobeRGBで完成させるのも良いでしょう。

画像データに詳しくない場合はAdobeRGBはやめた方が無難

 ただし、あまり画像データに詳しくない場合、AdobeRGBで完成させるとデータの色を正しく扱うのが大変で、知らないうちに変な色に変わっていたり、店にプリントに出した結果変な色にプリントされたりする可能性が高いです。

スキャナーの個体差や経時変化で少しは原稿と違う色になる

 あくまでスキャナーを購入した時に付いてきているスキャナープロファイルの一種を使用してスキャンしているので、個体差や経時変化による色の違いまでは補正されません。

 そのため、少しは原稿と違う色に仕上がります。

スポンサーリンク

カラーマネジメントの精度を上げたい場合、スキャナープロファイルを自作する

 上記の方法はスキャナー付属のスキャナープロファイルを使用する方法です。

 スキャナーの特性の個体差や経時変化の影響も補正して精度の高いカラーマネジメントを行うには、スキャナープロファイルを自作する必要があります。

 以下の記事等でスキャナープロファイル作成作業を紹介しています。

参考記事

原稿の色を正確にデータ化したい スキャナーのプロファイル作成方法
ディスプレイプロファイルは、カラーマネジメントモニターやモニターキャリブレーションツールを使うことで、ほぼ自動的に作成されます。  しかし、スキャナーのプロファイル作成は少しハードルが高いです。  ここでは、スキャナー用のカラープロファイル...
SilverFast®で色を正確にスキャンする手順の一例(反射原稿の場合)
LaserSoftImagingのスキャナーソフト「SilverFast」は機能が少し異なる複数のグレードの製品がありますが、スキャナー プロファイル作成機能を含んでいる製品もあります。  「SilverFast Ai Studio」にはス...
i1Studioでスキャナーのカラープロファイルを作成する方法
スキャナーでプリントした写真をスキャニングするとき、カラーマネジメントの理屈に則って作業を行うためには反射原稿用のスキャナー用カラープロファイルを作成します。  i1Studioは反射原稿のスキャニング用のスキャナー用カラープロファイルが作...

 以上、スキャナープロファイルを自作せずに、紙焼き写真をそのままの色でスキャニングする方法をご紹介しました。

参考記事

スキャナープロファイルを使用し紙焼き写真を正確な色でスキャンする方法(Epson Scan 2使用)
プリントした写真などの色を正確にスキャナーで取り込むには、反射原稿用のスキャナープロファイルを使用してスキャンします。  ここではEpson Scan 2を使用し、スキャナープロファイルを使用したカラーマネジメントを利用して紙焼き写真を正確...
スキャン解像度の決め方 写真のスキャニング時に悩まないために
スキャナーでプリント写真やフィルムなどをスキャンしてデータ化するとき、解像度をいくらでスキャンすればよいかよく分からないことが多いのではないでしょうか。  ここでは、スキャナーでスキャン作業をするときの解像度の決め方をご説明します。 スキャ...
ネガフィルムやポジフィルムをスキャンしてデータ化する方法(Epson Scan 使用)
フィルムカメラで撮影し、店で現像したフィルムを自分でスキャンしてきれいにデータ化する作業は、プリントした写真をデータ化する作業よりもさらに難しいものです。  ここでは、スキャナードライバーの自動色補正の機能を使ってネガフィルムやポジフィルム...
原稿の色を正確にデータ化したい スキャナーのプロファイル作成方法
ディスプレイプロファイルは、カラーマネジメントモニターやモニターキャリブレーションツールを使うことで、ほぼ自動的に作成されます。  しかし、スキャナーのプロファイル作成は少しハードルが高いです。  ここでは、スキャナー用のカラープロファイル...
スキャナーを廃棄・処分する方法 〜小型家電リサイクル法に基づいて〜
電気製品は一定の年数が経てば壊れてしまいます。  スキャナーは電子機器なので、一定の年数が経てば壊れてしまいます。  ここでは壊れたスキャナーの廃棄方法を確認してみます。 はじめに 壊れるまで大切に使い、正しく処理する 地球環境問題は深刻化...
カラーマネジメント全体の理屈の説明 細かいことは省略して分かりやすく 〜カラーマネジメント入門 第0回〜
デジカメで写真を撮ったり、スキャナーで写真をスキャニングし、モニターで見て、パソコンで操作して、プリンターで印刷する、といった作業を問題なく進めるには、おおまかにでもカラーマネジメントの知識が必要です。ややこしい要素は省略して、カラーマネジメント全体の理屈の雰囲気をおおまかにご説明します。
写真や絵画をスキャナーでデータ化する手順(Epson Scan 2使用)
フィルムカメラやデジカメで撮影してプリントした写真、絵画、などをスキャナーでスキャニングして画像データにする手順の一例です。  スキャニングして画像データにする方法は何通りかありますが、このページではスキャナードライバーの自動色補正を使用し...

写真のスキャニングサービス

節目写真館

節目写真館バナー

フジフイルムモール

写真アルバムのスキャン DVD・デジタルデータ化 | 富士フイルム
今なら15%OFF実施中!(2024/2/29 まで)富士フイルム公式 写真アルバムの『写真スキャンサービス』は、アルバムをデジタルデータ化してDVDで閲覧できるよう変換するサービスです。スキャンしたアルバムを高品質の画像データに変換・ダビ...